トップ フォトニュース 前衆院議員の東国原氏招き講演会・・・全日本不動産協会熊本県本部
フォトニュースPhoto News

前衆院議員の東国原氏招き講演会・・・全日本不動産協会熊本県本部

2018年11月8日(木)

 公益社団法人全日本不動産協会熊本県本部(松永幸久県本部長)は10月23日、熊本市中央区のホテル日航熊本で前衆院議員の東国原英夫氏を招き特別講演会を開き、会員など約1300人が参加した。
 冒頭、松永県本部委員長は「プライドを持って、消費者に安心安全な物件を届けることをモットーに、しっかりと取り組みを進めたい」とあいさつ。
 東国原氏が「今求められる地域の活性化について」のテーマで講演。宮崎県知事時代に発生した口蹄疫について「被害を最小限に抑えるため予防的殺処分を行った。批判もあったが、トップが腹を決めて、決断したことで、職員も県民もついてきた。トップは決断力が大事だ」と力説。「少子高齢化で地域の元気がない」と切り出し、「地域の活性化のためには、一次教育(家庭教育)、二次教育(学校教育)、三次教育(地域教育)の6次化が必要だ」と訴えた。
 その後、ビートたけし氏に弟子入りを志願した時のエピソードや号泣県議のモノマネを披露すると会場は爆笑の渦に包まれた。(政治経済部・宮崎泰樹)

講演する東国原氏
約1300人が参加した講演会