トップ 松岡泰輔のフォトニュース 「これからの私学は一貫教育が重要・・」・・熊本学園の目黒純一理事長
松岡泰輔のフォトニュースPhoto News

「これからの私学は一貫教育が重要・・」・・熊本学園の目黒純一理事長

2019年10月5日(土)

 学校法人・熊本学園(熊本市中央区大江2丁目)の目黒純一理事長は10月4
日、熊本学園大学本館で「これからの私学は中学・高校・大学の一貫教育が重要」などと語った。
 目黒理事長は熊本学園の特別会議・懇談の中で語ったもの。「今年は熊本学園大学付属高校から東京大学に一人合格した」と切り出したあと、目黒理事長は「これからの私学は中学・高校・大学の一貫教育が重要。東京の大学は早稲田、慶応などを中心に中学ー高校ー大学の一貫教育が進み、生徒の進学はエスカレーター式。一貫教育でも特に中学入試が勝負。中学入試の結果によって、次の高校入試、大学入試の合格者・入学者が決まってくる」と説明した。
 ところで、今年度の熊本学園大学(4学部)の志願者は4,062人(前年3,288人)、合格者は2,406人(同2,281人)、入学者は1,375人(同1,299人)で、いずれも前年を上回った。   

「私学は一貫教育が重要」と語る目黒純一理事長
熊本市中央区大江2丁の熊本学園大学本館
熊本学園大学のプロムナードを散策する大学生たち
熊本学園大学付属高校(入学定員360人」
熊本学園大学付属中学(入学定員80人)
今年3月末に完成した熊本学園大学新1号館