トップ 松岡泰輔のフォトニュース 「熊本経済の現状と展望を講演・・」・・くまもと経済の松岡泰輔
松岡泰輔のフォトニュースPhoto News

「熊本経済の現状と展望を講演・・」・・くまもと経済の松岡泰輔

2019年8月22日(木)

 雑誌・くまもと経済(熊本市中央区紺屋町)の松岡泰輔(会長)は、8月21日午後7時から熊本市中央区の県民交流館・パレアで、「熊本経済の現状と今後」と題して講演した。
 これは”熊本の明日を担うリーダーの会”・一期一会の会の招きで、講演したもので、会員約40人が出席した。松岡はまず、「今回、熊本空港が民営化され、新原昇平社長が就任するなど、新たなスタートを切った」と切り出し、「将来、熊本空港は福岡空港と共に九州のゲートウェー空港になるかもしれない。それは外国路線を現在の4路線から17路線に拡大、乗降客が大幅に増加する見通しから。外国からの航空便は、福岡空港イン、熊本空港アウト、反対に熊本空港イン福岡空港アウトもありうる」。また、「地域経済を支えているのは多くは地場企業。現在の熊本の地場企業売上高ランキングは@富田薬品A岩下兄弟B平田機工C司観光開発D鶴屋百貨店Eオムロン・デバイスFSBグッドG21世紀グループHレイメイ藤井IKMバイオーの順。このベストテンに、パチンコを中心とする遊戯場が4社入っている」などと説明した。
 さらに、全国・九州の将来人口予測をもとに、「熊本県・熊本市の展望」を語った。このあと、会場(7人)から「熊本市長になったとしたら、何と何を優先課題にして事業を進めますか?」、「今後はどんな業種が成長するか?」、「基本方針、座右の銘にしている言葉は?」などの質問があり、意見を交換した。

”熊本の明日を担うリーダーの会”一期一会の会の会場
「熊本経済の現状」を説明する松岡泰輔
挨拶する「一期一会」の会の西村信男会長
熊本市手取本町の県民交流館パレア(9階)
「熊本市の優先課題は」と質問する出席者(左)
「松岡会長の基本方針・好きな言葉は」と語る出席者