トップ 松岡泰輔のフォトニュース 「イベントスペースや事務所に活用・・」・・旧住友銀行熊本支店ビル
松岡泰輔のフォトニュースPhoto News

「イベントスペースや事務所に活用・・」・・旧住友銀行熊本支店ビル

2019年5月27日(月)

  熊本市の不動産管理業・カリーノグループ(馬場英治代表)は、同市中央区魚屋町の旧住友銀行(のち三井住友銀行)熊本支店ビルをイベントスペースや貸し事務所にするという。
 カリーノグループ(本社・熊本市中央区安政町)は、大手スーパー寿屋の民事再生手続きを担ってきた店舗開発・不動産管理会社。 旧住友銀行熊本支店ビルは昭和9年建築の鉄筋コンクリート3階建て(地下1階)のビル。かつて熊本の"メーンストリート"だった泰平橋通りと電車通りの四つ角に位置している。
  カリーノグループは昨年11月に三井住友銀行から建物と土地を購入(くまもと経済も一時購入を検討)。歴史的建造物として景観を”街づくり”に生かそうと、用途変更の手続きを進めている。
 馬場英治代表は「来年夏をめどに、音楽イベントや結婚式場などの活用案を検討している」という。

イベント会場などに活用が検討されている旧住友銀行支店
熊本市中央区魚屋町と電車通り一帯。奥は呉服町
唐人町通りの旧第一銀行熊本支店(ピーエス工業所有)
泰平橋の際にあるニュースカイホテル(旧松乃井旅館)
白壁が鮮やかな早川倉庫(熊本市景観形成建造物)
かつて熊本のメーンストリートだった泰平橋(米屋町)通り
泰平橋通りにある茶道具の「石田好古堂」(米屋町)
「ヤギデパート」跡に立つ熊本商工会議所