トップ 松岡泰輔のフォトニュース 「熊本ー博多往復は4月から100便に・」・九州産交HDの矢田素史社長
松岡泰輔のフォトニュースPhoto News

「熊本ー博多往復は4月から100便に・」・九州産交HDの矢田素史社長

2017年3月17日(金)

 九州産交HD(熊本市中央区)の矢田素史社長は3月15日、同本社で「熊本ー福岡間の高速バス”ひのくに号”は4月から平日で100往復、土日・祝日で104往復体制にする」などと語った。
 ひのくに号は九州産交と西日本鉄道の共同運行で、昨年4月の熊本地震以降、熊本ー博多間は特別ダイヤで運行しているもの。現在は平日で1日に97往復、土曜日曜祝日で同100往復運行している。これを4月からそれぞれ100往復、104往復に増便するもの。福岡空港行きを除く便は運行ルートを変更し、これまでの終点(始発駅)だった博多バスターミナルを西鉄天神高速バスターミナルに入れ替える。これによって、熊本バスセンターー博多間の所要時間は1時間52分となり、現行より14分短縮される。矢田社長は「新ダイヤで熊本ー博多間の便数が増え、時間も短縮するので、利便性が大幅に高まると思う。高速バス・ひのくに号を大いに利用して欲しい」と語った。

「熊本ー博多往復は14分短縮になる」と矢田素史社長
九州産交の「ひのくに号」に乗り込む乗客(花畑町)
九州産交HDの本社がある日本生命熊本ビル
熊本市中央区桜町・花畑町のバスターミナル
熊本市花畑町の博多・福岡空港方面のバス乗り場
福岡市中央区の西鉄天神高速バスターミナル